【おすすめ】ヘリックスにピアスをしたい

ピアス穴あけご案内

耳軟骨へのピアスはとてもバリエーションが多いですが、今回は一番ポピュラーであろうヘリックスへの施術を料金とともに紹介します。 ヘリックスの場合は、

ピアスガンで開ける場合

麻酔下ニードル施術の場合

の2つにわけてご説明します。

ピアスガンで開ける場合

ぴあ
ぴあ

ヘリックス開けてください!

N医師
N医師

ピアスガンであけますか? それともニードルですか?

ぴあ
ぴあ

ピアスガンでお願いします。


N医師
N医師

はい。それでは医療用ステンレス素材かチタン素材から
選んでください。

ステンレスピアスの場合2200円

チタンの場合 3000円です。

check

医療用ステンレスピアス使用 2200円税込
チタンピアス使用      3000円税込

ピアッサー持込時の料金は2200円税込です。

ぴあ
ぴあ

じゃあ、チタンの中から選びます。

ピアスガンを使用しての施術は麻酔はありません。 場所を決めてもらって、一気に開けます。

自分でピアスを持ち込む場合

ぴあ
ぴあ

ヘリックスを開けてください。ピアスは持ってきました。

N医師
N医師

18Gのバーベルタイプですね。OKです。

軟骨へのピアスは18Gか16Gのストレートバーベルをお選びください。14Gで選ばれる方も多いですが、おすすめとしては16Gくらい。

check

 ヘリックスへのファーストピアスは、
・18G、16G、14Gの中から
・長さ8mm以上のストレートバーベルを推奨
・素材は医療用ステンレスか純チタンで
16G 8mmのストレートバーベル、ラブレット型ともに当院においてあります。サージカルステンレス素材の場合+500円 チタンで+1000円で提供します。

お持込の場合は麻酔を打ってからニードルで穴を開けます。麻酔はもちろんニードルも当院が用意しますのでピアスのみ持ってきてください。

重要

麻酔代他全て含めて 3300円 税込
ニードルは当院の使い捨て針を使用します。

ぴあ
ぴあ

麻酔の時だけ少し痛かったけどあとは全然大丈夫でした。

N医師
N医師

ヘリックスは3ヶ月位は付けっぱなしにしていてください。常に清潔に保っていれば消毒はいりません。必要以上にいじったりしないようにしてください。
トラブルを防ぐためにもファーストピアスは最低でも8mm以上のものにしてもらえるとよいです。

ぴあ
ぴあ

ありがとうございました。次はトラガスで!


今回は軟骨といえば最も一般的なヘリックスの場合を料金も含めて記事にしてみました。参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました